作業の流れ|タイヤにこだわると操作性が上がる|好きなものを取り寄せる

タイヤにこだわると操作性が上がる|好きなものを取り寄せる

車を持つ人

作業の流れ

タイヤと自家用車

業者にタイヤ交換をしてもらうときには、まず初めに店舗へ交換の予約を入れます。その店舗で購入する方法や、持ち込みによってタイヤを用意します。用意したタイヤを取りつけていくとき、まず車体を持ち上げます。車の種類に合わせてジャッキやジャッキスタンドなど、持ち上げる道具を変化させるので車体に負担をかけません。車体を持ち上げた後に、タイヤホイールがついているタイプのものはホイールを取り外します。ホイールを外したら、ナットを緩めていきます。このとき完全に取り外さないのは、車体を持ち上げるときにタイヤが外れるのを防ぐためです。その後タイヤが浮くまで車体を持ち上げ、タイヤを取り外します。取り外した後は、使用していたホイールに異常がないか丁寧に確認を行ないます。一見異常がないように見えてもバルブが劣化していることもあるので、プロの目できちんと確かめてもらうことが大切です。もしも劣化していたならバルブの交換も合わせて行ないます。また、ホイール自体に歪みが見られた場合にはホイールの交換が必要です。その後タイヤとホイールの組付けを行ないます。なるべくタイヤに負担がかからないよう潤滑剤を用いて、細かく調整されます。最後に車へ取りつけを行ない、引き渡されるのです。交換するときに細部まで清掃を行ない、安全性や走りやすさにこだわって状態を整えてくれます。この状態を長持ちさせるためには自宅でこまめに清掃することが大切です。洗浄の際にはゴムを傷めないよう洗剤の使用は避けてください。